ドッグフードの添加物について知っていますか?

ドッグフードを選ぶとき、何を基準にしていますか?安いと言うだけで飛びついていませんか。
パッケージの裏の原材料名を見たことがあるでしょうか。
広く流通している安価なものには、たくさんの添加物が含まれています。
名前を見ても、どんなものだかわからないものが多いです。
もちろん、子犬や老犬に必要な、ビタミンなどの栄養素を加えているものもありますし、酸化防止剤は品質を保持するのに必要です。
しかし、発色剤や着色料は、犬には必要ないものです。
見た目を気にするのは人間だけです。
ドッグフードを選ぶのは飼い主であり、メーカー側も買ってもらえなければ商売が成り立ちませんから、色や形をきれいにするために使用しているのです。
添加物は、使用量に制限がありますし、すぐに害になるということはありません。
たとえ病気になったとしても、その因果関係は証明できません。
ですが、人間用よりも規制は緩いので、心配ならば無添加のドッグフードを選べばいいでしょう。
でも、無添加だからといって、犬が喜んで食べてくれるとは限りません。
そして一般的に、無添加のものは手間がかかっていますから、高額になります。
毎日食べるものなので、コストと犬の健康を考えて、ドッグフードを選びましょう。
オーガニックのドッグフードについての記事も参考にご覧ください。